起立性調整障害 原因

『起立性調整障害』って何?その症状と原因について

起立性調整障害の原因

 

起立性調整障害という病気があるのをご存知ですか?

 

あまり知られていませんが、実は思春期のお子さんには、意外と身近に起こりうる病気なんです。

 

そこで、起立性調整障害についてその症状と原因をご紹介したいと思います。

 

起立性調整障害について

 

起立性調整障害とは、自律神経の乱れにより起こる自律神経失調症の一種で、成長ホルモンなどの影響を受けやすい思春期の子供に多くあらわれる神経疾患です。

 

小学生の約5%、中学生では約10%の有病率で、男女比率は男児:女児=1:1.5〜2と、男児よりも女児の方がかかりやすいとされています。

 

起立性調整障害を患うと、様々な不調を引き起こしますが、そその症状が一時的なただの体調不良と見分けがつきにくいため、知らないうちに悪化してしまうこともあります。

 

それでは、起立性調整障害を患うと、どのような症状がみられるのでしょうか。

 

起立性調整障害の症状とは

 

起立性調整障害の症状としては、以下のようものが挙げられます。

 

  • めまい、ふらつき、立ちくらみ
  •  

  • 少しの運動でも息切れや動悸がする
  •  

  • 疲れやすく、疲労が回復するのも遅い
  •  

  • 朝起きられない
  •  

  • 午前中は元気がないのに、午後から元気になる

 

また、症状が悪くなるのは午前中で、1年の中では血管が拡張しやすい春から夏の時期となります。

 

秋や冬は血行が悪くなりますが、全般的に体調が回復するケースがあります。

 

特に、朝起きられない日が続くと、要注意です。

 

ただのサボりぐせなのか、学校で嫌なことがあるのかなど、他の原因と勘違いしやすいため、起立性調整障害を見落としてしまいかねません。

 

勘違いして、お子さんに見当違いの注意をしてしまうと、お子さんのストレスをさらに増加させ、起立性調整障害自体が重症化してしまうケースもあります。

 

あまりにも朝起きれない日が続いたり、いつも疲れているようなら、起立性調整障害を疑ってみる必要があるかもしれません。

 

では、どのような原因で起立性調整障害は起ってしまうのでしょうか。

 

起立性調整障害の原因とは

 

起立性調整障害の主な原因として言われているのが、自律神経の乱れです。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

 

この2つの神経のバランスが乱れてしまうと、血流や血行を上手く維持できなくなり、前述のような立ちくらみや、息切れなどが起ってしますのです。

 

また、思春期になると、身体の成長が進むのに対し、心の成長が追い付かず、ストレスとなり自律神経が乱れてしまいます。

 

また、そこに思春期特有の悩みなども重なり、起立性調整障害になってしまう場合があるのです。

 

まとめ

 

起立性調整障害は起立や座ることで脳血流が下がってしまい、思考力や判断力が低下してしまう、身体の病気です。

 

そのことをまず周りの大人が理解してあげることが大切になってきます。

 

起立性調整障害と診断されたら、親だけでなく学校関係者にも理解を求める必要があります。

 

サボりや怠けグセではないと周りの人間が理解し、温かい目でサポートしていくことが、重症化を防ぐだけでなく、治療への第一歩となるのです。

 

起立性調整障害でお悩みの方へ、お薦めのグッズをご案内

 

光目覚まし時計inti(インティスクウェア)の特徴

価格 25800円
評価 評価5
備考
安眠をサポートする枕 YOKONE(ヨコネ)の特徴

価格 15800円
評価 評価4.5
備考

グッドナイト 夜

快眠サプリ グッドナイト27000の特徴

価格 990円
評価 評価4
備考